耳の痛み、圧迫感:航空性中耳炎から耳を守る方法

飛行機で空へと飛び立つのは、とてもワクワクする体験です。
しかし、その興奮とは反対に、厄介な問題もあります。
聴覚に害を及ぼす可能性があるのです。
それは「航空性中耳炎」と言います。
ご存じでしょうか?

耳に圧迫感を感じたり、痛くなったり、聞こえが悪くなったりする場合があります。

航空性中耳炎は誰にでも起こりうるものです。
どんなに高いチケット代を払っても、どんなに座席が広くても、耳の不快感は、ほとんどの人が経験し得るものです。

大半の人に、その不快感は起こり得るのです。
場合によっては、深刻な痛みや難聴、聴覚障害につながることもあるのです。
旅先での忙しさを考えると、耳のことはついおろそかになりがちです。
しかし、耳を保護することは非常に重要です。

このブログ記事では、航空性中耳炎の原因、注意すべき症状、治療法について説明します。

まず、航空性中耳炎とはどのような病気なのでしょうか。
また、その原因は何なのでしょうか。

航空性中耳炎: その原因

なぜ飛行機で耳が痛いと感じることがあるのか?

答えは「気圧の変化」です。

まず、飛行機が飛び立って上昇するとき。
地上と飛行機が飛ぶ高度とでは、気圧がかなり違います。
そのため、離陸して地上から上空へとかなりのスピードで上がっていくと、鼓膜の内側と外側で気圧の差が生じてしまうのです。

中耳は、骨と鼓膜によって形成された空気で満たされた空間で、耳管と呼ばれるトンネルで鼻の奥に繋がっています。
耳管を通る外気は、外界の圧力と同じに保たれているのですが、そこに気圧差が生じると、耳に痛みが生じるのです。

陸上で普段の生活をしているときは、内耳の中の気圧と外の気圧は基本的に同じです(少なくとも問題を起こすほどの差はありません)。

しかし、空の上では話が別です。
圧力のバランスが均等ではなく、しかも変化が急激なので、内耳の中の圧力が均等になるまでの時間が足りません。
この場合、耳の鼓膜が外側に膨らんでしまいます。
これを航空性中耳炎といい、医学用語では中耳気圧外傷といいます。

例えば、最高峰の山の頂上までゆっくりとハイキングしているときを想像してみてください。
ゆっくりとしたスピードで進むことで、道中の気圧を均一化することができます。
しかし、離陸時や着陸時には、そうはいきません。そして、耳はその変化についていけなくなります。

この間、鼓膜は引き伸ばされて振動できなくなり、痛みや破裂音、聞こえの悪さなどの原因になります。

航空性中耳炎の症状とは

一般的な症状としては、以下のようなものがあります。

耳が詰まるような感じ

聴力の低下

耳がキーンとなる

耳の痛み

耳管が開いていることを示す「耳閉塞感」を感じることがあります。
しかし、耳管が閉じたままだと、中耳が液体で満たされ、内部の圧力が均衡保とうとします。
閉じたままだと、耳管から水が出なくなり、より深刻な症状が現れることがあります。

このような症状には、以下のようなものがあります。

耳の激痛

めまい

耳鳴り(常に耳鳴りがする状態)

鼓膜の破裂(耳から液体や血が漏れてくる場合もあります。)

聴力低下

フライト用イヤープラグ(耳栓)

リスクの高い人もいるのでしょうか?

残念ながら、ほとんどの飛行機利用者は航空性中耳炎になる危険性があります。
これは人間の体の仕組み上、仕方のないことなのです。

しかし、搭乗時に耳管に既存の問題があり、耳管が正常に開いていない場合は、より危険性が高くなります。

既存の問題の兆候は以下の通りです。

副鼻腔が詰まっている

風邪やその他の感染症

アレルギーの有無

耳の穴の形や大きさ(子供)

タバコの煙やその他の刺激物

妊娠などのホルモンの変化

環境的要因(例えば、大きな音にさらされたり、安全な道具を使わずにスキューバダイビングをしたりするなど)

航空性中耳炎の予防に役立つヒント

覚えておいていただきたいのは、正しいセルフケアを行えば、航空性中耳炎を予防することは可能であるということです。

簡単に実践できるアドバイスに従うことで、永久的なダメージを引き起こさず、快適なフライトが実現できます。

飛行機で耳が痛くなるのを防ぐ方法をご紹介します。


耳栓を購入する

飛行機で耳栓は安全?
耳栓は飛行機の気圧に効果があるのでしょうか?
これらは、飛行機に乗るときの耳栓にまつわるよくある質問です。

答えは「イエス」です。
耳栓といっても、安価で使い捨ての一般的な黄色い耳栓のことではありません。
飛行中に耳を最大限に保護するために特別に設計された耳栓を使えば、耳が痛いという現象も和らげられます。

鼓膜にかかる圧力をゆっくりと均一化し、耳のデリケートな部分を保護し、痛みや不快感を和らげる効果があります。

Loop Experience Plus

Loop Experience Plus は、騒音を最大23dB低減する耳栓です。
耳の中の圧力を均等にし、新しい技術により、音を完全に遮断したりしません。
機内で必要な音はすべて聞こえます。
また、快適な装着感で、耳にぴったりとフィットするため、耳から外れてしまう心配もありません。
騒音を低減してくれるので、聴覚過敏用の耳栓としてもおすすめできます。

飲み込む、あくびをする

航空性中耳炎を防ぐ主な方法は、耳管をできるだけ開くことです。
飲み込んだり、あくびをしたりしたときに聞こえる「ポコッ」「プツッ」という音は、鼻の奥から耳管を通って中耳に移動した小さな空気の泡です。
耳管の開口回数を多くすることで、空気圧に対応できる可能性が高くなります。


ガムを噛んだり、キャンディを舐めたりする

ガムを噛んだり、キャンディを舐めたりすることで、気圧を均等にするために必要な唾液を飲み込む行為を促すことができます。


バルサルバ法を試す

飛行機をよく利用する人がよくやっている方法です。
空気を大きく吸い込み、口を閉じてから鼻をつまむ。
そして、耳が鳴るまで、鼻をかむときのイメージで少しずつ息を吐き出します。
これは耳管を開くのに最適な方法です。

注意:風邪をひいているときやアレルギーがひどいときは、バルサルバ法は効果的ではありません。

航空性中耳炎の医療処置

航空性中耳炎のほとんどは軽度で、数分しか続かず、セルフケアで治療することができます。

長引く場合は、感染症や他の基礎的な問題に対する医療処置が必要な場合があります。

治療には以下が含まれます。

耳管を開くための経口充血除去薬や鼻腔スプレーは、多くの場合、航空性中耳炎の治療薬となります。

アレルギーが原因の場合は、抗ヒスタミン剤が処方されることがあります。

痛みを和らげるために、痛み止めの薬や点耳薬が処方されることがあります。

鼓膜が破れていない場合は一般的には点耳薬を勧めることが多いです。

鼓膜が破れた場合、抗生物質が処方されることがあります。

聴力検査を行い、難聴の有無を確認します。

まれに、鼓膜を修復するために手術が必要な場合があります。

飛行機で耳が痛くならないためのその他の専門的なアドバイス

耳の痛みを抑えるには、他にもちょっとしたコツがあります。

例えば、以下のようなものです。

上昇時や下降時は起きていましょう。
寝ていると、あくびをしたり、ガムを噛んだりといった耳を守るための予防策を講じることができません。

機内ではこまめに水分補給しましょう。

着陸の1時間前に鼻腔スプレーを使用しましょう。

フライト後も耳がふさがり、息苦しさに悩まされ、聞こえが悪い場合は、バルサルバ法という方法を試してみてください。
また、温湿布を耳に当てたり、蒸したりするのも効果的です。
できるだけゆっくりと圧迫を和らげるのが目的です。

航空性中耳炎と子供

航空性中耳炎は、子どもの方が深刻になるケースがあります。

これは、子どもの耳管が大人より小さく、狭いことが原因です。
耳の中の気圧が変化することで、痛みを伴うことも少なくありません。

気圧の変化を和らげるためにできることがいくつかあります。

哺乳瓶やおしゃぶりを与えて、飲み込みを促します。

4歳以上の子どもは、キャンディをなめたり、ストローを使って飲み物を飲んだりして、気圧を和らげることができます。

充血除去剤(鼻炎の薬)は、幼い子どもにはお勧めできませんので、使用しないようにしてください。

特に以前フライトで苦労したことがある場合は、痛みを和らげる点耳薬について薬剤師に相談することをお勧めします。

重要なポイント

航空性中耳炎はよくあることで、痛みを伴います。

しかし、予防もできることを忘れてはいけません。

おさらい:

航空性中耳炎は、中耳の圧力と耳の外の圧力のバランスが崩れることによって起こります。
急激な気圧の変化により、耳管が詰まり、航空性中耳炎になります。
風邪、アレルギー、耳管が小さいこと(子供のように)、タバコなどの外部刺激物など、耳管の開き方に影響する条件があると、より危険性が高くなる可能性があります。

耳栓は、圧迫感を和らげ、痛みを和らげる効果があります。
バルサルバ法、あくびをよくする、飴を舐めるなどの方法もあります。

医学的な治療が必要な場合は、抗生物質、聴力検査、極端な損傷には手術などの治療法があります。