Loop Quiet / クワイエット ホワイト
Loop Quiet / クワイエット ホワイト

騒音を遮断して安眠!簡単にできる防音対策

多くの人にとって、睡眠は1日の中でも心地の良い時間です。しかし、睡眠の浅い人にとって睡眠は心地の良いものとは言えないかもしれません。しっかりとした睡眠がとれず、目覚めの悪い人も少なくないはずです。

窓の外を走る車の騒音、家族のいびきなどに邪魔されて、ストレスを感じながら眠れない夜を過ごしたことはありませんか?
これらにもし思い当たる節があれば、あなたは睡眠時のノイズに敏感な人かもしれません。

そして、正直なところ、あなたが眠りの浅い人である場合、生活の中にあるあらゆる騒音が睡眠を妨げるでしょう。

現代の私たちは、ますます忙しい毎日を送り、スケジュールを詰め込んでいます。そのため、しっかり休息をとることと、活力、やる気を感じながら一日を過ごすことのバランスは、これまで以上に重要なことです。そして、質の高い睡眠は、私たちの心身の健康のために必要不可欠です。

今回は、健やかな生活を送るために、騒音がもたらす睡眠不足の影響を理解して、睡眠時の騒音を遮断し快眠するための方法を、安眠グッズを含め、詳しくご紹介します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

脳は睡眠時の騒音に気がつくようにできている

それは数千年前、私たちの最も古い祖先から始まりました。

睡眠は彼らの生存に必要不可欠なものでしたが、同時に睡眠が非常に脆弱な時代でもありました。捕食動物、厳しい気象条件、他の部族からの脅威など、多くの危険に直面し、常に警戒していなければなりませんでした。私たちの祖先にとって、音が脅威に気がつくための手助けになっていたのです。

もちろん、私たちが日常的に直面している問題は、同じ脅威レベルではありませんが、この仕組みは私たちの脳内に今も存在し、同じように機能しています。

つまり、私たちは騒音を聞くと目を覚ますようにできているのです。

一般的な騒音の原因とは

世の中は、夜でも騒がしいものです。特に、都心に住んでいる場合はなおさらです。

最も一般的な睡眠の妨げとなるものは下記のようなものが挙げられます

  • 自然の騒音
  • 動物 - 犬の鳴き声、朝方の鳥の鳴き声
  • 天候 - 雷雨、強風、大雨
  • 家庭の騒音
  • 家庭用電化製品(洗濯機など)
  • 床板のきしむ音
  • ドアの開閉音
  • 交通騒音
  • 自動車
  • 飛行機
  • 電車
  • バイク
  • 人為的騒音
  • いびき - いびきは「一貫性のある騒音」とされ、最も一般的な騒音の1つです。脳がいびきの音から解放されるチャンスがないため、眠りにつくのが非常に難しくなります。
  • 騒がしい隣人 - 大音量のパーティーの音、大きな声や足音、ドアを閉める音で起こされることもあるでしょう。

もしあなたがミソフォニア(音嫌悪症)や聴覚過敏症であれば、一貫した騒音が他の人よりも大きな障害になる可能性があり、注意が必要です。

睡眠不足があなたにどのような影響を与えるか

まず、明らかなのは、疲れが取れないということ。それに加え、深刻なストレスやイライラ、意識障害などが重なる可能性もあり、忙しい日々ががより過酷に感じられることもあります。

その他、睡眠不足がもたらす影響には、以下のようなものがあります:

免疫力の低下
睡眠が不足すると、免疫力が低下し、ウイルスや感染症にかかるリスクが高まります。

事故を起こしやすくなる
眠気が強いと、判断力や反応速度が低下し、事故に遭いやすくなります。交通事故や転倒・転落などの事故が起こりやすくなります。

記憶力に影響が出る
眠っている間も、脳は一生懸命働いています。脳は、情報を処理し保存するための結合を形成するために忙しく働いています。そのため、このプロセスが常に妨げられると、接続が停止してしまい、記憶力や集中力に影響を及ぼします。

糖尿病
意外なことに、睡眠不足は糖尿病の発症につながることがあります。

まず、疲れていると運動がおろそかになり、ジャンクフードへの欲求が強くなります。どちらも体重増加や2型糖尿病の大きな原因です。

第二に、睡眠不足は消化プロセスを阻害する可能性があります。眠っているとき、あなたの体は、空腹感や「満腹感」をコントロールするホルモンを調整するために働いています。これが狂うと、間食が増え、血糖値の上昇を招きやすくなります。間食が増えると、肥満や体重増加につながることもあります。

心臓血管の問題
睡眠不足が長期化すると、心臓や循環器系に負担がかかります。 高血圧や心臓病を発症しやすくなり、心臓発作や脳卒中になる可能性が高まります。

睡眠は心臓を健康に保つために非常に重要です。睡眠がとれないと、体内システムの調節に苦労することになります。

気分障害
人間は睡眠不足だと不機嫌になってしまいます。そして気分障害の発症は、睡眠不足の最初に現れる症状の1つであることをご存知ですか?

睡眠不足が一晩続くと、イライラしたり、感情のコントロールがうまくいかなくなったりすることは、誰もが知っています。しかし、長期的な睡眠不足は、不安、うつ、激しい怒り、衝動性の増加など、より深刻な影響をもたらすことがあります。また、すでに精神疾患を患っている場合、睡眠不足はその症状をさらに深刻化させる可能性があります。

今日からできる睡眠改善方法

眠りにつく際に騒音を遮断することは、あなたが思うより簡単です。

睡眠時に騒音を遮断する方法など、夜の睡眠を改善するための7つのコツをご紹介します。

1. 防音対策をする

眠るときにどうすれば騒音を遮断できるのか、誰もが考えたことがあるはずです。音はわずかな隙間からでも入ってくるので、なかなか厄介です。

完全な防音対策は費用と時間がかかるので、外部の音が入ってくるのを防ぐために、すぐにできる対策があります:

隙間やひび割れをふさぐ
窓枠、ドア枠、床板、巾木などをチェックし、可能であれば適切な遮音材で塞ぎましょう。また、タオルなどを丸めて、寝室のドアの下に敷いておくのもよいでしょう。

厚手のカーテンやドレープを掛ける
窓際に重厚なカーテンをかけると、気になる音を吸収することができます。また、壁掛けカーテンを壁にかけてもよいでしょう。素材がバリアとなり、睡眠中の音を遮断することができます。

遮光ブラインドを購入し騒音を軽減する
寝ている間の騒音だけでなく、街灯や早朝の太陽の光も遮ってくれる優れものです。

家具で壁を作る
本棚やワードローブ、食器棚など、隣人や同居人による騒音を遮るバリアとして設置してください。

2. 騒音低減用の耳栓で遮断する

睡眠中の騒音を遮断する最も効果的な方法のひとつが、防音効果のある耳栓の購入です。

Loop Quietのような高品質な耳栓は、まさにこの目的のために設計されています。

最大27デシベルの騒音を低減するだけでなく、シリコン製でつけ心地も快適で柔軟性があり、一晩中装着できるよう設計されている効果的な安眠グッズです。

睡眠をサポートする耳栓について、詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。

3. コミュニケーションがカギ

人はそれぞれ異なるリズムで生活をしています。

早起きする人もいれば、夜更かしする人もいるし、夜勤の人もいれば、パーティーが大好きな人もいます。

どんな状況であれ、建設的な会話をすることで、解決に向かうかもしれません。

騒音があなたの睡眠と健康に影響を及ぼしていることを正直に伝えてみるのも良いかもしれません。

常に冷静さを保ち、合理的であることを忘れずに。思っているより簡単に解決策が見つかるかもしれません。

4. 相談する

大げさに聞こえるかもしれませんが、対話での解決がうまくいかない場合、警察に連絡することが次のステップになるかもしれません。

音に関する地域の条例を調べれば、苦情の前例があることを確認することができます。建設業者が工具を使うことができるのは何時までか、花火は何時までか、音楽は何時まで流せるかなどを調べることができます。

また、賃貸住宅にお住まいの方は、建物の防音設備が建築基準法に適合しているかどうかも確認する価値があるかもしれません。

5. 部屋の模様替えをする

寝室が大通りに面しているなら、ベッドを部屋の反対側に移動してみましょう。さまざまな理由があると思いますが、とりあえず眠れそうな場所に移動しましょう。

寝室の中で移動するだけでも、睡眠時に必要な静けさが得られるかもしれません。

また、空き部屋があれば、そこで一晩寝てみて、現在の寝室より静かかどうか確かめてみましょう。寝室を変えるだけで問題が解決する場合もあるかもしれません。

6. 心のケアをする

睡眠の問題は、しばしば大きなストレスにつながることがあります。

ストレスは、不健康な思考パターンと密接に関係していることが多いです。

そのため、眠れないと悩みやすくなります。そして、悩むことで眠れなくなる。この負のサイクルは、陥る可能性があります。

ストレスや不安、怒りがあるときに、眠りにつける可能性は低くなります。

マインドフルネスや瞑想などのリラックス法は、怒りを和らげ、ネガティブな思考を減らすことができます。ストレスや不安を感じやすい人には、特に有効な方法です。

そして、感情をコントロールすることであなたを悩ませている騒音にもっと寛容になれるでしょう。

深夜に騒がしいパーティーがあったとき、「毎晩のことではない」と自分に言い聞かせることも必要かもしれません。呼吸に集中し、怒りに満ちた思考をコントロールしましょう。

7. 運動する

肉体的に疲れている方がよく眠れるというのは事実です。運動と深い眠りとの関連性は、広く研究されています。

余分なエネルギーを残したままベッドに入っても、効果はありません。そこで、就寝の2~3時間前に運動を取り入れるようにしましょう。水泳、ヨガ、散歩など。これらはすべて、ストレスを解消し、体を睡眠に備えるための素晴らしい方法です。