聴覚過敏とともに生きる: 対処法と治療法

重要なポイント

  • 聴覚過敏とは、音に対する極度の過敏症のことで、他の人には普通のレベルに聞こえる音でも、痛みや不快感を引き起こすことがあります。
  • 比較的まれな疾患で、5万人に1人の割合で発症します。
  • 聴覚過敏と共存することは大変で、不安や抑うつ、孤立感を経験することもあります。
  • この症状を治療する方法はありませんが、聴覚過敏が生活に及ぼす影響を軽減するための治療法はいくつかあります。

もしあなたが、不快感や身体的苦痛を引き起こすほど極端な音に対する過敏さを抱えて生活しているとしたら、それは聴覚過敏の可能性があります。この症状は、日常生活に深い影響を及ぼします。しかし、幸いにも症状を和らげるためにできることがあります。

聴覚過敏とは?

聴覚過敏とは、音に対して極端に敏感な状態です。聴覚過敏になると、他の人が当たり前のように聞いている音に耐えられなくなります。騒音過敏症にはさまざまなタイプがありますが、聴覚過敏症はかなり一般的で、騒がしいオフィス環境では集中できず、周囲の雑音があると会話に集中できません。

最も一般的な症状は、日常的な音に対する過敏性と、その音を聞いたときの耳の痛みや不快感です。この感覚過敏に伴う痛みは、ノクサクシス(noxacusis)と呼ばれることもあります。

この痛みは非常に強く、通常、歯の根管治療や神経痛に匹敵するような、刺すような、あるいは焼けるような痛みと表現されます。
さらに、聴覚過敏の患者は、以下のような辛い症状を経験することがあります。

不安
うつ
苛立ち
日常生活が困難
イライラ感
パニック発作
飛行機に乗るのと同様に、耳の膨満感
バランス感覚の喪失
発作
聴覚過敏のある人は、社会的な状況を避けたり、ひどい場合には、迷惑や不快感、痛みを引き起こす可能性のある音にさらされるのを避けるために、家から一切出なくなることがあります。
その結果、孤立し、精神衛生上の問題を引き起こすこともあります。また、聴覚過敏のある人が特に疲れていたり、ストレスを感じていたりすると、聴覚過敏の症状が悪化することがあります。

聴覚過敏の症状

最も一般的な症状は、日常的な音に対する過敏性と、その音を聞いたときの耳の痛みや不快感です。この感覚過敏に伴う痛みは、ノクサクシス(noxacusis)と呼ばれることもあります。

この痛みは非常に強く、通常、根管治療や神経痛に匹敵するような、刺すような、あるいは焼けるような痛みと表現されます。言い換えれば、非常に痛く、衰弱させる可能性があるということです。

さらに、聴覚過敏の患者は、以下のような辛い症状を経験することがあります。

  • 不安
  • うつ
  • 苛立ち
  • 日常の環境での難しさ
  • イライラ感
  • パニック発作
  • 飛行機に乗るのと同様に、耳の膨満感
  • バランスの喪失
  • 発作

聴覚過敏のある人は、社会的な状況を避けたり、ひどい場合には、迷惑や不快感、痛みを引き起こす可能性のある音にさらされるのを避けるために、家から一切出なくなることがあります。
その結果、孤立し、精神衛生上の問題を引き起こすこともあります。また、聴覚過敏のある人が特に疲れていたり、ストレスを感じていたりすると、聴覚過敏の症状が悪化することがあります。

聴覚過敏の原因はなにか?

研究者たちは、聴覚過敏の原因を完全に解明しようとしています。音が聞こえると不快感や痛みを感じることがありますが、一般的には聴覚の問題ではなく、脳が音をどのように認識するかに関係していると考えられています。

私たちは音を振動として感知しますが、聴覚過敏になると、脳が特定の振動を実際よりも大きく感じるようになります。そのため、低レベルの音を聞いたとき、聴覚過敏のある人は、同じ音を聞いた聴覚過敏でない人とまったく異なる反応を示すのです。

また、事故やケガの結果、あるいは難聴の症状として、聴覚過敏になる場合もあります。その他に考えられる聴覚過敏の原因としては、以下のようなものがあります。:

顔面神経の損傷: 顔面神経は、耳の中で音の強弱を調節する役割を担っているアブミ骨筋を支配しています。ベル麻痺、ライム病、ラムゼイ・ハント症候群など、顔面の神経損傷を伴う疾患のある人の中にも、聴覚過敏の人がいます。
大音量の騒音にさらされる: 大きな音に長期間さらされたり、突然さらされたりした結果、聴覚過敏を発症する人もいます。つまり、建設作業員や音楽家のように持続的に大きな音にさらされる環境で働く人は、銃声や花火のような大きな音を聞いた後に発症する人と同様に、聴覚過敏を発症するリスクがあるということです。
頭部または耳の損傷: 人によっては、頭部打撲や他のタイプの頭部外傷の後に、聴覚過敏が発症します。
難聴: 聴覚過敏は難聴(通常は加齢性難聴)と同時に発症することがあります。
耳鳴り:ある研究によると、重篤な耳鳴りを伴う聴覚過敏の発生率は80%にものぼります。
顔や顎の手術: 手術中に耳神経や顔面神経を損傷すると、聴覚過敏になる危険性があります。
薬物療法やドラッグ: 抗がん剤のような一部の薬剤は聴覚障害や聴覚過敏を引き起こす可能性があり、LSDのようなドラッグもそのリスクを高めます。
顎関節症: 顎関節に問題がある場合、聴力過敏を発症するリスクがあります。
ウイルス感染: 内耳や顔面神経に影響を及ぼす耳の感染症は、聴覚過敏を引き起こすことがあります。
自閉症: ある研究では、聴覚過敏のある子供の46%が自閉症でした。
自己免疫状態: 全身性エリテマトーデスのような自己免疫疾患を持つ人は、耳の内側の問題により、聴覚過敏を含む聴覚や平衡感覚の問題を発症することがあります。
精神的ストレスとメンタルヘルスの問題: 高レベルのストレスや、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病のような症状は、聴覚過敏や騒音過敏症を引き起こす可能性があります。

その他、聴覚過敏と関連する疾患には以下のようなものがあります。

  • 片頭痛
  • テイサックス病
  • てんかん
  • 筋痛性脳脊髄炎(慢性疲労症候群とも呼ばれる)(ME/CFS)
  • メニエール病
  • ダウン症候群
  • ウィリアムズ症候群

一般的な聴覚過敏治療

聴覚過敏を治す方法はありませんが、聴覚過敏に対してはいくつかの症状を和らげる治療法があり、症状が生活に与える影響を軽減し、ストレスの少ない生活を送ることができます。治療法は、あなたの聴覚過敏の原因によって異なりますが、医師はあなたに最も適した治療法を提案してくれるはずです。選択肢には以下のようなものがあります。

認知行動療法

認知行動療法は、聴覚過敏の人が不快に感じる音に対する反応をコントロールするのに役立ちます。聴覚過敏のある人が苦痛や痛みを感じる音を聞くと、否定的な考えを持つことがあります。これが症状を悪化させ、将来的に騒音のある状況を避けるようになったり、症状が強まったりして、悪循環を生み出します。

認知行動療法は、聴覚過敏の患者さんが音に関連してどのような否定的な考えを持っているかを探り、それをより肯定的または中立的な考えに変えようとする手助けをすることで、このサイクルを断ち切るのに役立ちます。これは特にフィアー聴覚過敏の場合に有効で、回避行動にアプローチし、不快感を引き起こす音を経験する可能性のある状況に入ることへの不安を軽減するのに役立ちます。

耳鳴り順応療法

聴覚過敏のある人に有効なもう1つの治療法は、耳鳴り順応療法(TRT)です。この治療法は、不快感や痛みの原因となる音を無視するように脳を訓練するために、音響療法とカウンセリングを組み合わせたものです。時間の経過とともに、脳がこれらの音をあまり重視しなくなるため、これらの音に対する耐性がつきます。

サウンドセラピー

サウンドセラピーは、ディセンシタイゼーションと呼ばれることもあり、聴覚過敏のある人に音を聞かせ、時間をかけて耐性を高めることを目的としています。これは通常、補聴器のような小型の装置で、両耳に難聴がある場合は両耳に、片耳だけの場合は片耳に装着します。

ホワイトノイズに似た静的な音が流れ、最初は非常に小さいレベルである。その後、耐性がつくにつれて、徐々に大きな音にしていきます。聴覚過敏に効果が出るまでには、通常6ヵ月から1年かかります。

生活習慣の管理


聴覚過敏はストレスを感じると悪化することがあるため、医師は聴覚過敏が生活に及ぼす影響を減らすために、健康的な生活を心がけ、ストレスを最小限に抑えるよう勧めることがあります。次のようなことを試してみてください:

定期的な運動をする
瞑想
十分な睡眠をとる
定期的なマッサージ
ヨガ
健康的なワークライフバランスを維持する

手術


「蝸牛窓・卵円窓補強術」と呼ばれる手術は、この症状を持つ一部の人々にとって、他の聴覚過敏の治療法が有効でない場合に選択できる可能性があります。この手術では、耳の後ろの組織を動かして聴骨を支え、音に対する耳の感度を下げることを目的としています。

聴覚過敏がある場合、避けるべきことはありますか?

聴覚過敏や耳鳴りのような症状がある場合、耳栓やイヤープラグ、ノイズキャンセリングヘッドホンを常に装着して、すべての音を遮断しようとしたくなることがあります。

しかし、このような方法は、常識のように思われるかもしれませんが、医師からは勧められません!なぜなら、過度の遮音は、周辺環境を静かにさせ過ぎてしまい、さらに音に敏感になってしまうからです。

聴覚過敏の場合、すべての音を遮断することはお勧めしませんが、特に大きな音の環境下で耳を守ることは必須です。特に、聴覚過敏の中には難聴につながるケースもあるため、聴力をさらに損なうと、聴覚過敏がさらに悪化する可能性があります。

Loop Experienceのような耳栓(イヤープラグ)は、音楽コンサートなど大音量の環境下で使用すると、最大18デシベルの騒音低減効果があり、聴力を保護するのに役立ちます。しかし、完全に音を遮断するわけではないので、普段より低いレベルですが騒音はあります。

聴覚過敏とともに生きる

音に対して極端に過敏になると、生活が困難になることがあります。他の人には普通のレベルに思える音でさえ、あなたにとっては不快だったり苦痛だったりします。それは大変なことです。

でも、きっと良くなります。CBTやサウンドセラピーなどの治療法から、健康でストレスのない生活を心がけることまで、聴覚過敏が日常生活に与える影響を最小限に抑える方法はたくさんあります。ただ、周囲に雑音が多くても安心して外出できるようになるまでには、少し時間がかかるかもしれません。

その間は、人と話すことが助けになります。友人や家族があなたの気持ちを理解し、どのようにサポートできるかを確認してください。そして、聴覚過敏とともに生きることがどういったことかを知っている、気の合う仲間を探しましょう。