ライブ用耳栓

主なポイント

ミュージシャンとして、聴覚を失うことは致命傷です。音を感じ取る力は、ミュージシャンに欠かせない能力の一つだからです。

プロのバンドで演奏するにせよ、親のガレージで練習するにせよ、初めてギターを弾くにせよ、音を正しく認知できなければなりません。

耳の健康は、音楽を作るだけでなく、音楽を感じて深い繋がりをもつためにも重要です。

しかしながら、多くのミュージシャンは耳を疲労させ、聴覚の健康を損ってしまうのです。

では、どのようにしてミュージシャンとして活動していく中でも耳を保護し、聴覚を維持することができるのでしょうか?

この問いに対する答えを一緒に見ていきましょう。

ミュージシャンとして耳を守ることは、極めて重要です。

音楽ライブやフェス、コンサートでの大音量による負担は、耳の健康に害を及ぼし、長期的なダメージを与える可能性があります。

通常の人は、内耳に約16,000個の有毛細胞と呼ばれる感覚細胞を持って生まれますが、聴覚に問題が現れるまでに、これらの有毛細胞の30〜50%を失ってしまう可能性があります。

ミュージシャンには、耳の状態を確認するため、定期的に聴力検査を受けることをおすすめします。

また、騒々しい環境にいる場合は定期的に休憩を取り、耳を休ませるようにしましょう。

大きな音から身を守る際には、耳栓やイヤープラグが最も効果的です。Loop Experienceの耳栓(イヤープラグ)は、ノイズを最大18デシベル下げることが出来るため、耳の健康を損なうことなく音楽に没頭できます。

一度失った聴力の回復は難しいと言われているため、耳を早い段階から保護するように心がけましょう。

ミュージシャンとしての聴覚障害の危険性

単に自宅でアコースティックギターを弾いたり、ピアノを優しく弾いているだけでは、聴覚障害を引き起こすリスクはほとんどありません。

しかし、オーケストラやライブバンドで音楽イベントを開催したり、ギターをスピーカーに接続するようになってくると、そのリスクはグッと高まります。

なぜでしょうか?

それは、耳の生理学的な構造と深く関係しています。

耳の構造と聴こえの仕組み

私たちの耳は、神経、小さな骨と筋肉の複雑な組み合わせでできています。

私たちが音を聴く時は、内耳にある有毛細胞という感覚細胞が、さまざまな音の振動を電気信号に変えて脳に伝えます。その信号が脳によって音として解釈され、私たちが「聴こえる」仕組みになっているのです。

非常に複雑で興味深いシステムですが、複雑で繊細だからこそ、問題が発生する余地もあるのです。

大音量の危険性

例えば、あなたが定期的にロックバンドで演奏しているとしましょう。

頻繁に大音量を浴びていると、耳の蝸牛の細胞や膜が損傷してしまうリスクがあります。大きな音を浴びることで、前述した小さな有毛細胞が徐々に抜けたり、壊れたりしてしまうからです。

通常の人は、内耳に約16,000個の有毛細胞を持って生まれます。これは一見多く聞こえますが、一度死んでしまった有毛細胞は再生しないため、これらの約16,000個の細胞を一生もたせなければならないと考えると、決して多くはないのです。

つまり、傷ついたり壊れた細胞が多ければ多いほど、私たちの耳が音を脳に伝える能力は低下し、聴力が落ちるのです。そして、恐るべきことに、一度内耳や耳の神経系に与えられた損傷は取り返しがつかないのです。

いつから聴力に問題が出てくるのか?

もう一点恐るべきことは、元の約16,000個の有毛細胞の30〜50%を失うまで、聴力に大きな変化を感じることがない、ということです。つまり、聴力が落ちていることを自覚し始めた時点で、既に永久的なダメージが広く及んでいる可能性があるのです。

重要なことは、日頃から聴覚を保護し、ダメージをなるべく少なくすることです。

特に大音量のライブやリハーサルの後には、音がはっきりと聞こえなかったり、耳鳴りがすることがあるでしょう。しかし、1〜2時間後には聴力が元に戻るから大丈夫だと安心してはいませんか?

聴力へのダメージは不可逆的です。これらのケースではおそらく、有毛細胞の毛の部分が、大きな音によって一時的に大きく曲がった後に、しばらくして再び直立したのでしょう。すると、表向きは聴力が元に戻ったように感じるかもしれません。

しかし、何度も繰り返し負荷をかけられると、有毛細胞は次第に弱く脆くなったり、曲がりきって折れてしまう可能性があり、それによりさまざまな程度の聴覚損失が伴います。

ダメージを受けるのは有毛細胞だけ?

ノイズは、有毛細胞だけでなく、聴神経にもダメージを与える可能性があります。

聴神経は脳に信号を送る役割があるため、損傷を受けた場合、シグナル伝達の効率が低下し、感度も低下してしまいます。

聴神経が損傷した場合にみられる一般的な症状には、雑音の中の会話が聞き取りづらい、音がフェードイン・フェードアウトする感覚、片耳だけ音が過度に大きく聞こえる、などがあります

ミュージシャンとして聴覚を保護する方法

ミュージシャンが聴覚に障害を持ってしまった場合、楽器を上手く演奏できなくなるリスクがあります。ミュージシャンとして、耳を保護する方法について学ぶことは、好きなことを長く続けるために非常に重要です。

また、演奏する音楽の種類も考慮する必要があります。なぜなら、オーケストラ向けの方法、ロックバンド向けの方法、ビッグバンド向けの方法が必ずしも同じだとは限らないからです。ダメージを受けるのは有毛細胞だけ?

ノイズは、有毛細胞だけでなく、聴神経にもダメージを与える可能性があります。

聴神経は脳に信号を送る役割があるため、損傷を受けた場合、シグナル伝達の効率が低下し、感度も低下してしまいます。

聴神経が損傷した場合にみられる一般的な症状には、雑音の中の会話が聞き取りづらい、音がフェードイン・フェードアウトする感覚、片耳だけ音が過度に大きく聞こえる、などがあります

1. 耳栓やイヤープラグをつける

大音量の環境下で聴力を保護するには、耳栓やイヤープラグが最も効果的です。

音楽を聴く際に耳を保護したい場合、ほとんどの耳栓やイヤープラグはノイズを完全には遮断しません。

Loopの耳栓(イヤープラグ)は、鼓膜がさらされる音量デシベルを下げるもので、ミュージシャンが自分の耳を保護しつつも、周りのバンドの音や、他の耳栓では拾われない微妙な音のニュアンスを拾うことができる理想的なアイテムです。

Loop Experienceのようなイヤープロテクターを使用すれば、これらの細かなディテールを保持しつつ、音楽を楽しむことができます。

Experienceイヤープラグは、ノイズを最大18デシベル下げ、特許取得済みの音響チャンネルと、全ての周波数で均等に音をフィルタリングできるメッシュが組み込まれているため、耳の健康を犠牲にすることなく音楽に没頭できます。

2. 定期的に聴力検査を受ける

大きな音が避けられない状況もあるでしょう。定期的に過剰なデシベルにさらされている場合は、定期的に、医療専門家による聴力検査を受けるべきです。

聴力の低下は自分で気づくのが難しく、大きな音に継続的にさらされることで徐々に進行していく習性があります。

聴力検査を定期的に受けることで、聴力低下の兆候を早期に発見し、必要な対策を講じることができます。

3. 聴覚障害について人と話す

ミュージシャンは仕事の性質上、常に聴覚に頼って生きています。だからこそ、聴覚の悪化を自ら認めたくない気持ちにもなりやすいのです。しかし、恥ずかしく感じる必要は全くありません。むしろ、人とオープンに話すことで、ミュージシャン同士の間で聴覚障害の危険性についての認知を広め、助け合うことができます。

耳鳴りやその他の聴覚障害が、大きな音に一度でもさらされただけで発生するというのは、よくある誤解です。継続的な耳の疲労も同様の影響をもたらす可能性があるのです。そういった正しい認識をミュージシャン界隈で広め、各々が耳をより効果的に保護できるよう努めていくことが重要となります。

潜在的なリスクについて話すことや、聴覚障害の経験について話すことは、あなたのコミュニティ全体を守っていくことに繋がるのです。

4. 耳当てをする

耳当ても、聴覚の保護を語る上で欠かせないアイテムの一つです。

この耳を覆う袋状のアイテムには、大きな音を遮断し、音の強さを和らげることでデリケートな耳の内部構造を守り、聴覚障害のリスクを軽減する役割があります。

多くのミュージシャンはステージで耳当てを使いますが、必要以上に音を遮断してしまうという側面もあり、片耳のみ当ててもう片方は外している人をよく見かけます。この方法は、バンドの音を拾ってタイミングを合わせるためには良いですが、片方の耳しか保護されないため、あまり効果的な解決策ではありません。

5. 大音量のリハーサルをなるべく分散させる

アムステルダムの国立歌劇場は、大音量のリハーサルとリハーサルの間にできるだけ時間を空けて、ダメージコントロールを行っています。時には追加の人員を雇い、ミュージシャンの耳にかける負担を最小限に抑える努力をしています。

オーケストラはしばしば、音の大きな曲が連続で演奏されないよう、カラーコーディングを用いてプログラムを組みます。各曲には音量に応じて色が割り当てられ、静かな曲は緑、音量が大きな曲は赤で示されます。通常、赤の曲が演奏された後は、緑の曲が続くようにプログラムが組まれていきます。

オーケストラ以外の音楽活動をしていても、リハーサルやパフォーマンスにこれらの方法を適用すれば、大音量の音楽に長時間耐える必要がなくなります。大なんと66%も低下することが示されています。

6. 音量を控える

楽器を演奏する際、大きな観客や騒々しい観客の前でない限り、多くの場合は音量を格段に高くする必要はないのです。

したがって、練習、リハーサル、または小規模なグループの前で演奏している時は、なるべく音量を低くするよう心がけてみましょう。これにより、耳への負担を最小限に抑えつつも、観客にあなたの音楽を体験してもらうことができます。

7. 定期的に休憩をとる

大音量の環境下では、定期的に休憩を挟むことが大切です。

鼓膜を破るような大音量に長時間さらされることは、人間の健康に害をもたらします。短期的には耳鳴りだけで済んでも、繰り返し続けると不可逆的なダメージをもたらしてしまうリスクがあります。

そのため、大音量が避けられない環境にいる場合、耳を休ませられるよう、頻繁に休憩をとるように心がけてください。それが、リハーサル毎に何度も休憩を挟まなければならないことを意味するとしても、です。

8. 遮音パネルや吸音材を使用する

遮音パネルや吸音材は、オーケストラではよく見られるアイテムです。遮音パネルは音楽スタンドと間違えられる見た目のアイテムで、よく風景に溶け込みます。規模の大きいステージやスタジオでは、音量を抑えるため、ステージそのものが吸音材で囲われているのが見られることがあります。

吸音材は木製で、中にスタイロフォームでできたパネルがあり、通常黒い布やカーテンで覆われています。これらは音の強さを和らげる効果があり、通常、最も音が大きい楽器の前に座る演奏者を保護するために使用されます。

9. バンドの位置を変えてみる

バンドで演奏する場合、ステージ上での各メンバーの配置を考えることは極めて重要です。これはオーケストラや大きいバンドに最も当てはまりますが、ロックバンドやポップバンドなど、より規模の小さいバンドでも考慮すると良いでしょう。

金管楽器やパーカッション楽器は最も大きな音を出すため、それらから1メートル離れているか、3メートル離れて座っているかでは大きな差が生まれます。音が大きな楽器に近ければ近い程、聴覚障害のリスクは高まります。

これをふまえ、楽器と楽器の間に距離を作ることができないか、検討してみましょう。

10. スピーカーの前に立たない

これは一見当たり前のように思えますが、ギターリフに没頭したり、観客が盛り上がっている場面では、つい忘れてしまいがちです。

ライブ演奏中でも自宅で練習をする時でも、スピーカーの前には立たない習慣をつけましょう。大きな音源に近ければ近いほど、その影響を受けるリスクは高まります。スピーカーから一歩離れて、ご自身の耳を保護しましょう。

聴覚を保護することは音楽を守ること

ミュージシャンにとって、聴覚の保護は音楽活動を続けるにあたって必要不可欠です。

これは単に私たちだけの見解ではありません。有名なロックシンガーであるオジー・オズボーンも、聴覚障害との戦いについて次のように語っています:

「私は慢性的な耳鳴りに悩まされています... 耳に常に鳴り響く音があるせいで、ある程度耳も遠くなってしまいました(妻・シャロンはそれを「都合よく耳が遠い」と呼びますが)。頭の中でいつもウィー!という音がするのです。耳栓をつけておけば良かったな、今になって思います」

また、ロックンロールの殿堂入りを3回果たしたエリック・クラプトンも、次のように語っています:

「私は'97年頃からFender Deluxe Reverbアンプと50ワットのMarshallsを使い始めました。それから耳鳴りの問題が出始めたのです。自業自得だと思います - 無責任に自分のことを無敵だと思っていた結果です... 皆さんは気をつけて、耳栓をつけましょう」

Loopイヤープラグは、耳を保護するのに最適なライブ用耳栓です。Loopの耳栓は、あなたが大好きな音楽を自ら体験し楽しみながらも、耳の健康を守るために必要な保護を提供します。

Loop商品の機能や詳細についてもっと知りたい方は、ぜひライブ用耳栓のラインナップを見てみてください。であるかを考えてみましょう。あなたの集中力が落ちるトリガーは雑音ですか?それとも、居心地の悪い椅子でしょうか?

自分に合った勉強法を見つけるには、ちょっとした試行錯誤が必要かもしれませんが、それを乗り越えた先には、勉強が思うように捗る未来が待っているはずです。